札幌 豊平区 中の島で 歯科 歯医者 に行くなら 『市岡歯科医院』 まで。

〒062-0922
札幌市豊平区中の島2条4丁目 4-10中の島コンバウンド1階
診療時間
午前9:30~13:00  午後14:30~21:00
アクセス
地下鉄南北線 中の島駅 徒歩7分【駐車場あり】

お電話でのご予約・お問い合わせは

011-832-3345

「ホームページを見た」とお伝えください

滅菌・衛生管理について

患者様の「安心」と「安全」のために ~ 徹底した滅菌・衛生管理

歯科での治療では、限られた治療器具をたくさんの患者様に使用することになります。治療においては出血を伴うことも多く、それぞれの器具への滅菌・消毒がいい加減では、院内感染のリスクが高くなります。

市岡歯科医院では、患者様に安心・安全な環境で治療を受けていただくために、世界水準の滅菌システムを採用しています。滅菌・衛生管理は目に見えるところではありませんが、当院を信頼してご来院いただいた患者様へ、可能な限り安全性を追求した環境をご提供できるよう、徹底した取り組みを行っています。

水消毒機能付き歯科治療用ユニット

ドイツ「KaVo(カボ)」社製 歯科治療用ユニット ※水消毒機能付きユニット

ユニット内の水が汚染されてしまうと感染リスクが上昇します

歯科治療用ユニット内の水が汚染されていると、2次感染や術後不良のリスクが上昇します。一般的な歯科治療用ユニットの内部にいきわたる水には、1ml あたり11000バクテリア群体にまで達するという報告もあり、何もしないでいると歯科治療用ユニット内では細菌が繁殖してしまうのです。

どんなに滅菌システムを整えても、直接口に入る歯科ユニット内の水が汚染されてしまうと、せっかくの滅菌の意味がなくなってしまいます。このようなリスクを避けるためには、歯科治療用ユニット内部にいきわたる水を、しっかりと消毒するシステムが必要となってきます。

このシステムを高い水準で備える歯科治療用ユニットが、ドイツ「KaVo」社製のユニットです。市岡歯科医院では、安全性の高い「KaVo」社製ユニットを全診療室に採用しています。

KaVoの歯科治療用ユニットには、タービン水やうがい水には低濃度の過酸化水素水が用いられており、常に給水チューブ内を清潔に保つ水消毒の機能(常時水消毒機能)があります。また、休診日前に高濃度の過酸化水素水で漬け置き処理する集中水消毒システムも合わせて装備されていますので、いつもきれいな水で治療できるよう、診療時と休診時ともに二重の対策がとられています。

参考

・米国CBSニュースの調査(1999)
New Yorkの歯科医院15院で、ドリル・シリンジから採取された水の72%が飲用不適でADA基準を満たさず、多数の細菌に汚染されている。サンプル中には、100万CFU/mlを超える細菌が認められるものもあった。
・米国ABCニュースの調査(1999)
治療用の水のサンプルのうち90%が連邦飲料水基準を満たさず、その2/3が直前に治療した患者の口腔内細菌を含んでいた。
・東京医科歯科大における調査 (2000)
通常の歯科治療に利用されているデンタルユニット水を調査。
月曜始業前に、タービン末端で平均220,000CFU/mlの水中生菌を確認し、水ラインチューブのいたるところでバイオフィルムの形成が認められた。
(サンプリングした水ラインでは、全てのユニットの配管ボックス内に中空糸素材の 水除菌フィルター(0.1μm)が設置されていた。エアタービンには全て逆流防止装置がついていた。スリーウェイシリンジは末端に治療ごとの使い捨てチップを使用していた。)
・日大の治療水調査(2001)
診療直後にエアーウォーターシリンジ(AWS)からの水に平均7,180CFU/mlの生菌を確認。翌朝には、直後には認められなかったユニット止水栓部の水中の細菌を確認した。診療翌日のAWS部の水の10/15(67%)は、水道法水質基準に「不適合」であった。

洗浄・滅菌システム

ドイツ「Sirona(シロナ)」社製 “DACユニバーサル” ※ハンドピースの洗浄・滅菌

治療に使用した後の歯科用ハンドピース(歯の切削器具 ~ タービン、コントラ、エンジンなど)には、様々な病原細菌やウイルスが存在している可能性があります。ドリルの内部には、唾液や削ったカスが逆流し、非常に不衛生な状態になっていますので、たとえ外側を消毒・滅菌したとしても、内部まで完全に滅菌されていなければ、感染の可能性が残ってしまいます。そのことからも、歯科用ハンドピースについては、特に滅菌をきちんと行う必要があることは明確です。

治療後の歯科用ハンドピースに存在している可能性のある微生物(細菌やウイルスなど)の種類は下記を参考にしていただけますが、コンビネーションオートクレーブ滅菌器「DAC UNIVERSAL(ダック・ユニバーサル)」を使用して滅菌をすれば、すべて死滅させることができます。

  • ・HIVウイルス (エイズウイルス)
  • ・ヘルペスウイルス
  • ・B型肝炎ウイルス
  • ・C型肝炎ウイルス
  • ・結核菌
  • ・髄膜炎菌
  • ・インフルエンザウイルス
  • ・梅毒など

滅菌前に歯科用ハンドピースなどの洗浄を行うことは、確実な滅菌を行う上で大変重要です。

参考

・DACユニバーサルによる内部洗浄
手作業による内部の洗浄は非常に難しいものですが、DAC ユニバーサルを使用することで、コントラアングルおよびタービンの内部にいたるまで、しっかりと洗浄することができます。
・DACユニバーサルによる外部洗浄
外部洗浄の工程では、冷水(パルス洗浄)で2回、温水で1回ハンドピースなどを洗浄します。これにより、バイオフィルムや汚れを素早く、より効率的に取り除くことができます。

上記のように、DACユニバーサルはハンドピースの内部および外部を徹底的に洗浄し、最適な滅菌処理を行うことができます。

ドイツ「Sirona(シロナ)」社製 “DACプロフェッショナル” ※クラスBオートクレーブ

歯科治療では出血は避けられず、治療器具も血液などで汚染されてしまいます。このことから、使用後の治療器具は毎回の滅菌が必須です。多くの歯科医院で使用されている滅菌器は、蒸気を送り込むことで高圧高温状態を作り出して滅菌する「重力置換オートクレーブ」と呼ばれる滅菌器です。

しかし、EU諸国中心の世界最高クラスの厳しい基準を満たした滅菌器は「クラスB」と呼ばれる滅菌器です。クラスB滅菌器は、単に高温高圧の蒸気を送り込むだけでなく、滅菌器内に真空状態を作り出し、器具の細部にいたるまで、高温の蒸気を送り込むことにより、完全な滅菌が行われます。

市岡歯科医院では、この「クラスB」滅菌器の「DACプロフェッショナル」を採用しています。

滅菌パックと使い捨ての徹底

滅菌パック

市岡歯科医院では、使用する診療器具は減菌処理を施し保存用パックにて保存しております。使用直前に保存パックを開封して使用する事で、衛生的で院内感染の起こらない安全な歯科治療が行えます。

ディスポーザブル(使い捨て)

市岡歯科医院では、患者様のお口に入れるものは可能な限りディスポーザブル製品を使用しています。注射針・麻酔液のカートリッジ・外科用メスなどは当然のこと、エプロン・うがい用のコップなども患者様ごとに使い捨てています。

スタッフの使用する治療用グローブは、患者様ごとに交換しています。治療中にグローブをはめることは、スタッフの感染予防だけでなく、患者様から患者様への交差感染を予防することにもつながります。

市岡歯科医院

お電話でのご予約・お問い合わせは

011-832-3345

「ホームページを見た」とお伝えください

MAIL
診療時間
9:30~13:00
14:30~21:00 /

土曜日 / 9:30~12:30 休診 / 日曜日、祝日

〒062-0922
札幌市豊平区中の島2条4丁目 4-10中の島コンバウンド1階

診療時間
午前9:30~13:00  午後14:30~21:00
アクセス
地下鉄南北線 中の島駅 徒歩7分【駐車場あり】

診療科目 / 歯科、矯正歯科、小児歯科
提携医療機関 / KKR札幌医療センター、北海道大学附属病院、札幌医科大学附属病院
院長名 /市岡千春
院長略歴 / 1986年 東日本学園大学卒業 1991年 市岡歯科医院開業

診療時間
9:30~13:00
14:30~21:00 /

土曜日 / 9:30~12:30 休診 / 日曜日、祝日

札幌 豊平区 中の島で 歯科 歯医者 に行くなら 『市岡歯科医院』 まで。

〒062-0922
札幌市豊平区中の島2条4丁目 4-10中の島コンバウンド1階
診療時間
午前9:30~13:00  午後14:30~21:00
アクセス
地下鉄南北線 中の島駅 徒歩7分【駐車場あり】

お電話でのご予約・お問い合わせは

011-832-3345

「ホームページを見た」とお伝えください

Copyright (C) 2015 ICHIOKA DENTAL OFFICE All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ